目の下にあるクマまたは黒い円は、一時的な状況によって引き起こされることはめったになく、目の下の涙袋よりも治療が困難です。

睡眠不足、慢性ストレス、月経異常、妊娠、貧しい食生活や薬物治療などのいくつかの組み合わせの結果であることがよくあります。

他の人にとっては、クマは遺伝の性質が強くなります。

アレルギーや感受性に苦しむ人々は、しばしばクマにも大きな問題を抱えています。

場合によっては、黒または濃い円を排除することができます。

中国医学の観点から、腎臓は副腎(および全体的な内分泌系)に接続されているんですね。

したがって、例えば、睡眠不足、慢性ストレスおよび/または貧しい食事による腎臓のエネルギー不均衡は、腎臓のQi欠乏症の原因となり得るのです。

また、関連症状には疲労や副腎疲労が含まれ、目の下にクマが生じることがあります。

この状態に寄与している可能性のある食品やその他のアレルゲンを排除するために、栄養士/アレルギー専門家に相談するのもいいでしょう。

十分な睡眠、ストレス管理、そして健康的な食事を食べることが推奨されています。

目の下のクマの症状

目の下の皮膚の暗い色合い。疲れが原因であれば、睡眠不足やストレスからの疲労も経験できます。

いくつかの腫れがある場合もあるので、涙袋を見てみて、思い当たる節があるかどうかチェックしてみてください。

目の下のクマの原因

  • 深刻な睡眠の問題
  • 栄養、貧しい人々の食事
  • 遺伝性のクマは家族にも見られます。
  • 太陽への曝露
  • アレルギー、喘息、湿疹
  • 医薬品
  • 妊娠と月経
  • 老化 – 皮膚が老化すると薄くなるので、皮膚の下の血管がより目立ちます。
  • 副腎疲労
  • 腎臓のエネルギー欠乏症(中国医学)
  • アフリカ系またはアジア系の人々は、クマを経験する可能性が高い

 

従来の治療方法

  • 薄い皮膚のためにクマの場合:血管収縮クリーム
  • 色素沈着による濃い円:光線療法、レーザーおよび漂白技術
  • 医師への相談

などがあります。

自宅でできる対策

  • agrimonyのような天然の血管収縮剤であるハーブを含むクリーム
  • 睡眠十分な睡眠を取る
  • ダイエット:全食品、植物性食品を食べ、多量の水を飲み、アルコール、コーヒー、紅茶、カフェインド・ソフトドリンクを避ける
  • 喫煙しない
  • 日焼け止め。屋外のときは日焼け止めを使用する
  • アイキララ販売店で人気のアイクリームを購入&使用する

 

以上を実践すると、目元に元気が戻ったという声をたくさんいただいております。

Tags :

*人工授精の治療メカニズムから、期待を持っていました。

5回チャレンジしましたが期待が大きかっただけに成功しなかったショックが大きく、回数を重ねるたびにストレスが募っていきました。

また、ホルモン注射などで身体のリズムも崩れていくのがわかりました。

基礎体温や自分の感覚から人工授精をするタイミングがずれているように感じていたのですが、その病院はとにかく「ホルモン剤で排卵のタイミングを合わせる」という方針で、不信感を抱きました2つ目の「人工授精の壁」は、人工授精の妊娠率がおしなべて低いということです。

人工授精1回あたりの妊娠率は、5-8%程度で、全国的に見てもどこも低いという印象を持っています。

たとえば、軽度の精子無力症や乏精子症、あるいは女性側の頚管粘液不全などのケースに人工授精をおこなえば、理論的にはもっと妊娠に至るはずなのですが、現実にはこうした症例においても人工授精の妊娠率は高くありません。

次のメールは、36歳、不妊治療歴1年2か月、機能性不妊(原因不明不妊)と診断された方の悩みです。

*生理もだいたい28日周期と順調で、排卵も自然にあります。

精子もとくに問題はなく、トータルで、タイミング法を6回、人工授精を4回しましたがうまくいきませんでした。

あと2回人工授精をやってみて妊娠しなければ、体外受精をと医師に言われています。

費用のこともあるので、何回もチャレンジするというわけにはいかないことだと思っていますが、やはり赤ちゃんは欲しいので、複雑な心境です。

費用と確率を考えると,当事者としてはベジママ販売店で済ました方が賢いのではないかと悩んだり、いろいろと切実な悩みです。

でも一度だったら…と思っています。

あと、診察を待つのに妊婦さんと同じ空間にいるのは辛いです。

環境が整っているところはなかなかないです。

私はかねがね人工授精に新しいブレイク·スルー(突破口)が登場すれば、不妊治療という医療が劇的に様変わりするのではないかと思っています。

そして人工授精にエントリーするにあたって注意しておかなければいけないことは、人工授精の段階で、薬剤の投与、とりわけhCGの注射には注意が必要だということです。

最近になって,「hCGによる卵の質の低下」ということが問題視されるようになってきています。

人工授精の妊娠率が低いがゆえに、何回も人工授精をくり返すことにより、結果としてhCGの使用量が増えてしまうという悪循環になりやすいのです。

多くの不妊治療のドクターの意見や、私の印象としても、人工授精で妊娠される方は、最初の3回までの人工授精で妊娠してしまうという傾向がみられます。

ですから人工授精をおこなう方は、どのような方法で、何回をめどにおこなうのか、どのような薬や注射をどれだけ使用するのか、医師の説明をきちんと受け、さらに、患者側の希望を医療機関側に明確に伝えておくことがとてもたいせつです。

また、人工授精においても、医療機関によってその方法に著しいばらつきがみられます。

さすがに、なにも手を加えない精液をそのまま注入するという方法は減ってきてはいますが、なくなったわけではありません。

また卵胞チェックだけをおこない、排卵のタイミングを予想して,パーコール法やスイムアップ法で調整した精液を注入しても妊娠率は低いという印象を私は持っています。

これまでにいろいろな医療機関で人工授精を受けられた数多くの患者さんと接してきた私の印象からいうと、卵胞チェックの後にGnRHアゴニスト(商品名スプレキュア、ナサニールなど)を用いてフレアアップ現象による排卵誘発を期待し、その後に人工授精をおこなうという方法が、現在のところ最も良好な成績を得ているようです。

GnRHアゴニストは長期期間連続使用すると、排卵を抑制してしまいますが、排卵前にごく短期間使用すると逆に強く排卵をうながすという性質があり、その方法を利用した排卵誘発が少しずつ増えてきています。

この方法を使用するのは、先ほど述べた「hCGによる卵の質の低下」を避ける意味もあります。

Tags :

自然妊娠に近い対策法。

不妊治療で、タイミング法の次のステップとして一般的に行われているのが「人工授精」だ。

精子の数が少なめの場合をはじめ、勃起が不十分、膣内射精ができないなど、セックスに問題があるケースにも行われる。

資料:http://modeloexitoso.com/

人工授精とは、マスターベーションで採取した精子を子宮に注入する対策法「人工」という言葉から人為的な印象を持つ人もいるようだが、精子と卵子が出会いやすくするために少しサポートする程度のことで、受精や着床はまったくの自然任せだ。

つまり、自然妊娠とほとんど変わらない対策といえる。

では、手順を簡単に説明しよう。

精液を病院に提出すると、精子の状態を調べたあとに洗浄,濃縮処理をする。

できるだけ元気な精子を子宮に入れるために精液を調整するのだ。

これによりほとんどは運動精子濃度が上昇する。

この精子を、排卵時期の女性の子宮の中に、細くてやわらかい専用のカテーテル(医療用の管)を使って注入する。

女性は数十分休んだあと帰宅できる。

セックスでは、射精された精子は膣から子宮頸部を通り子宮腔へ、さらに卵子が待つ卵管へと進む。

その道程は険しく、途中で多数の精子が脱落していく。

人工授精では子宮腔内に精子を注入するので、精子がたどる道程のうち、膣と子宮頸部がバイパスされる。

「卵子に近づけるために精子に近道をさせる」というのが人工授精の考え方だ。

男性側は射精をするだけなので、身体的には負担の少ない対策である。

一方、女性側は、排卵誘発剤の服用や注射を行うことが多く、排卵予測のために超音波検査や血液検査·尿検査を受けるなど、1周期に何回か通院することになる。

人工授精の費用は施設により異なり、1回1万5000円〜3万円くらいが多い。

保険適用されず、自費診療になる。

自治体によっては不妊治療の助成を設けている場合もある。

Tags :

元来は清潔好きの国民性とはいえここ十年ほどで日本人のニオイに対する意識は大きく変わったような気がします。

 

不快なニオイは即座に断ち、暮らし環境を無臭あるいは自らお好きなのニオイで満たそうとする……そのような性質が顕著になっているのではないでしょうか。

 

洗面所に始まって、冷蔵庫、車個室のインテリアに至るまで、色々な箇所のニオイを取る製品のCMを見ない日はなく、実のところ、多くの人たちがこれらの製品を購買していると聞きます。

 

加えてついには自らの体の発するニオイにも我慢できなくなり、男女を問わずデオドラント製品をふりかける光景は滅多になくなっています。

 

「くさいニオイがあるなんて許せない!」–そのような1億総無臭化性質にある日本で、ワキガを持っていたとしたら、どんなに肩身が手狭な考えをしなければならないか……想像しただけでもその苦しみがわかる気がします。

 

とくにワキガは目に見えない上にニオイの程度を比べる事もできませんから、その面倒は深刻です。

 

ワキガ人口の比率が高い欧米であれば、体の発するニオイなど問題にならないどころか、むしろ\独自性的\-セックスアピールがある“などと好意的にとらえられる事を考慮すると帰するところワキガは日本人ならではの心配という事が可能なでしょう。

 

実のところ心理コンサルタントをしていると、ワキガがあるために定期的の暮らしの中の多様な場面でつらく悲しい目に遭ったというお話を聞く事が多々あります。

 

ワキガがきっかけで恋人にふられてしまった、お見合いを断られた、ワキガのニオイがあるために企業の人間係りがうまくいかない……などなど。

 

ワキガでイジメに遭ったという息子さんの話を母親から聞いた事例はこちらまでつらくなってしまいましたがその本当の苦しみは本人でないとわからないものでしょう。

 

しかも、ワキガに頭を抱える人は、制汗剤や各種デオドラントアイテムを使用しているようですが、これらのテクニックは一時しのぎに過ぎなかったり使用法によっては肌トラブルなどを引き起こすきっかけとなる事もあります。

 

その上、それらの使用ではまったく追いつかないという重度のワキガの方もいらっしゃるはずです。

 

けれどもそうした心配もすべて手術で落着する事が可能なのです。

 

ワキガ手術とひと言でいってもその手法はひとつではなく、クリニックによって数種類の技術がとられています。

 

初めに各々の手術の良い面、悪いところを知っていただいた上で、ワキガ手術に関連する知識を持っていただきたいと考えます。

 

加えて当Webページで最も知っていただきたいのが、当院で行われている最先端の「超音波ワキガ手術」です。

 

手術時はわずか30分で、入院通院の必須なし。

 

副作用や後遺症の起きる見込みもなく、当然再発する不安もないのです。

 

女にとっては、最も見過ごせない傷跡もそんなに残らないあるべき姿的なワキガ手術といえるでしょう。

 

超音波ワキガ手術を受けた方が一様にrこんなに手っ取り早くにワキガを治せるなんて……」「なんで一層早く手術を受けなかったんだろう」などとおっしゃるのももちろんです。

 

食生活の欧米化、その上私たちを取り巻くストレスなどがきっかけで、日本人のワキガ人口は確実に増大しつつあります。

 

それと歩を組み合わせるように、私のクリニックでも、年々ワキガ手術を受けに訪れる方は増える一方です。

 

ワキガに葛藤するすべての方々に、超音波ワキガ手術の安心性?信頼性を知っていただきたい、そのような考えから当Webページを執筆する事になりました。

 

またワキガに葛藤する方々が1日でも早くトラブルから解放されるのであれば、こんなにうれしい事はないのです。
ちなみに、当Webページで解説した方々のお名前については局所を除いてすべて仮名とさせていただきました。

Tags :

今まで医師といえば「お医者様」といった感じで、患者さんが自分で医師を選ぷことはできず、ただ黙っていうことを聞いているしかなかったような印象が強かったと思います。

 

しかし近年、その傾向は改善されてきました。

 

患者さんは疑問に思うことを医師になんでも尋ねることができます。

 

実際の執刀医は誰なのか、執刀医の手術経験、その際,何人の補助がつくのか……などなどです。

 

「そんなことを聞いては失礼では?」と思われる方もいるかと思いますが,そんなことは決してありません。

 

手術の経験値を問われ答えられないようならば、その程度の医師だということです。

 

※インフォームドコンセントについて。

 

最近はインフォームドコンセントという考えが、日本の医療界にも浸透してきました。

 

これは手術で起こりえるさまざまな可能性を、患者さんのわかる言葉で説明しておくという考え方です。

 

手術は人間に人間が手をかけるものですから、100パーセント絶対安全ということはありえないのです。

 

手術の良いところばかりを並べ立て、魔法のような言葉で丸め込もうとするような医師には「ノー」といってかまわないのです。

 

※セカンドオピニオンとは?

近年、セカンドオピニオンという言葉もよく耳にします。

 

これは一人の医師の診断では「本当にそうなのか?」と不安に思ったり、納得できないときに、他の医師の意見を聞くことです。

 

古い日本人の考え方としては「そんなことをしては、診ていただいている先生に失礼だ」とか「他の医師に診てもらったとわかれば信じてないと思われて、意地悪をされる」などと思いがちです。

 

しかし考えてみてください。

 

自分の技術や診断に自信を持っている医師が、患者さんがセカンドオピニオンを求めたと知って、嫌な感じを受けるでしょうか?答えは「ノー」です。

 

なぜなら正しい判断と高度な技術を持った優れた医師は、患者さんが自分のところに戻ってくることを知っているからです。

 

セカンドオピニオンを受けたからといって態度をかえるような医師はこっちからゴメンこうむりたいものです。

 

本当に良いドクターの場合、市販の商品からオススメのものを勧めて、手術が不要と告げてくれる人さえいらっしゃいます。

なぜなら、みんながみんな、手術が必要なほど重症ではない可能性があるからです。

私も10代の頃、かかりつけの方に、「クリアネオの販売店を探して買って使いなさい」と言われたことがあります。(現在は、ネットでの販売のみのようですが)

 

※費用は事前にハッキリした提示があるのが基本です。

 

さて、カウンセリングを受け、医師とのコミュニケーションもうまく取れ、手術を受けようかという気になってきました。

 

つぎに心配になって来るのは費用です。

 

美容外科は保険がきかない「自由診療」ですから、その価格の設定は実にさまざまです。

 

手術方法や医師の技術、クリニックの方針などで違いが出てくるわけで、「高いから良い」、「安いからダメ」というわけではないということは先ほどお話しました。

 

患者さんが納得すれば、それが適正料金なのです。

 

料金体系も一律いくら、のところもあれば、症状にあわせて段階的にというところもあり、どちらが良いとは一概にはいえないわけです。

 

では何をもって良いか悪いかを判断するかといえば料金提示が明確かどうかです。

 

あとになって、「あれは含まれていなかった、これは実費だった」、などと,高価な追加料金を請求されたという話もよく耳にします。

 

「やってみないとわからない」などと曖昧なことをいう病院は避けた方が良いでしよう。

 

なにより料金がハッキリしなければ「その薬は高いの?」などと余計なことを考えて治療に専念できないというものです。

 

※アフターケアについてもしっかり確認しましょう。

 

アフターケアについても事前にしっかりと確認しておくことが必要です。

 

ワキガ、多汗症の手術は命にかかわるものではありませんが、手術は手術なのです。

 

予測できない万一の事態も起こりえます。

 

そんなとき、どのような対応を取ってくれるのか、そのとき費用はどうなるのか、こうした点についてもカウンセリングの際にしっかり確認しておくべきでしょう。

 

曖昧な返事しかもらえないようなクリニックは失格です。

 

医師は手術そのものにも、その後の経過にも責任を持たなければなりません。

 

いつでも迅速で的確な処置ができるクリニックを選択しましょう。

 

どんな手術にも100パーセントということはありえません。

 

「100パーセント大丈夫」という言葉を聞いたら100パーセントいい加減なクリニックに間違いありません。

 

以上のことを踏まえた上で、星の数ほどあるクリニックからあなたにあったクリニックを見つけ出してください。

 

ワキガ、多汗症は今すぐ手術しないと死んでしまうような病気ではないのですから、自分自身が納得することが治療の始まりといえるのです。

 

インターネットやホームページの発達は、情報を入手するのに非常に有効です。

 

時には中傷目的で、ありもしない事実が記載されている可能性はありますが、ある程度の事前段階の情報としては役に立つと思います。

 

しっかりした目で情報を取捨選択することが大事です。

 

ワキガ、多汗症に悩まず、服のデザインを気にしないでのびのびと生活できるように、大切な第一歩を踏み出してみましょう。

 

このサイトがそのお手伝いになれば、こんなに嬉しいことはありません。

 

Tags :

さて、いよいよ医師とのカウンセリングが始まりました。

 

緊張して何も目に入らなくなりがちですが、落ち着いて、良し悪しを見極めましょう。

 

まず、自分の話をじっくり聞いてくれるかどうかはとても重要です。

 

良い病院の医師は,患者さんの症状をはじめ、不安に思っていることや、疑問まで一つ一つ丁寧な応対をしてくれるはずです。

 

もし患者さんが極度に緊張しているようであれば、その緊張をといてあげるとも医師の大事な務めです。

 

説明の際に,医師はいつでも必ず患者さんの立場に立って説明をしなければなりません。

 

上からものをいう感じで、医師や医学的知識がある人でないとわからないような専門用語を多用する場合は要注意です。

 

そんな時「先生」と名のつくものに弱い日本人は, 0.5「ハイハイ」となんでも頷いてしまいがちですが、わからないときは、ハッキリ「わからない」といいましょう。

 

また、手術をするかどうか迷っている患者さんに、なにがなんでも手術を薦めるような医師には要注意です。

 

患者さんの症状は一00人いれば一00通りあるのですから、機械的に通り!

 

辺倒の手術をすればよい、というものではないのです。

 

時には患者さんの状態によって、本人の希望に添えない場合も出てくるかと思います。
そんな時にあたかもできるようなことをいう医師よりも、ハッキリそのリスクを説明してくれるような医師でなければダメなのです。

Tags :

「大きい病院は殺伐としている上、お金儲けが目当てのようで、信用できない」といった声を耳にすることがあります。

 

確かに昔の大病院は非常に混雑しており、時に高飛車で、「一時間待って診察1分間」などと揶揄されたものです。

 

しかし最近では違った様相を呈しています。

 

大病院だからこそ、看護士や従業員にしっかりした教育が施され、各種サービスも完備しているところが増えています。

 

医師も日進月歩の医療の現場で、日々努力しないとアッという間に取り残されてしまいます。

 

たくさんの医師が切磋琢磨し,最新の医療器具を導入し、使いこなしていかねぱなりません。

 

特に美容外科の場合は「美」というものに直結しているため、患者さんの要求も、もっと、もっとと厳しくなってゆきます。

 

患者さんのニーズに答えるべく、日々,技術を磨いている病院こそ、良い病院といえるでしょう。
旧態依然とした治療法に頼りきっているような病院は歴史の遺物でしかないのです。

Tags :

ここまでワキガ、多汗症の手術を説明する間にも再三、「自分にあった病院を選ぶことです」とか「クリニック選びは慎重に」などと繰り返してきました。

 

「簡単にそういわれても、それをどう選ぶのかが問題だ」と思われている方も多いと思います。

 

美容外科は、皆さんが診療を受けたことを隠しておきたい医療機関です。

 

ですから「心臓病なら00病院」「消化器系なら× ×診療所」といった患者さんの声が、なかなか聞こえて来ないのです。

 

最近では匿名で意見を寄せられるインターネットやHPで、皆さん情報を集めているようです。

 

最後になりますがここで、良い病院の選び方のコツ、チェックポイントを皆さんに伝授しておきたいと思います。

 

※§クリニック選びに悩んだら?

 

いざ、「美容外科に行ってみよう!」と決断したとき、どうやってクリニックを探し始めたらよいのでしょう?

電話帳を開いても、インターネットで検索してみてもそこには数え切れないぐらいの美容外科やクリニックが存在しています。

 

どの病院のどの広告を見てもさして違いが無いように見え、どうやって良し悪しを見極め、選抜していったら良いのかチンプンカンプンだというのが皆さんの正直な気持ちだと思います。

 

そんな時、確実で信用できる選択の方法が一つだけあります。

 

それはそのクリニックが「日本美容外科医師会認定医療機関」かどうかです。

 

日本美容外科医師会では美容外科に対する不安や誤解をなくし、皆さんに安心して手術や治療を受けていただくために独自の認定制度を設けています。

 

高額な料金を請求する悪質なクリニックや、技術的に優れていないと診断された美容外科は、この認定を受けることは当然できません。

 

まずは数あるクリニックの広告からこの文字を見つけ出してみましょう!

 

※§電話予約&いざ、美容外科に入ったとき。

 

何度も繰り返しますように、ワキガ、多汗症治療に、精神的な安定は不可欠のものです。

 

手術にいたらなくてもカウンセリングを受けるだけで、症状が軽減する場合も少なくありません。

 

やつとの思いで見つけた美容外科への初めての電話で少しでも嫌な思いをしたら,ますます治療へ踏み出す気持ちは萎えていってしまいますね。

 

良い病院は電話応対からシッカリしています。

 

カウンセリングの予約や、電話相談の際に嫌な思いをしたら、その場でハッキリ断ってしまいましょう。

 

いざ、クリニックに行ったら、受付や待合室の雰囲気もチェックしてみましょる資料などが雑然としていたり、掃除が行き届いていないような病院は、やはり避けたいです。

 

プライバシーが守れて緊張を和らげられるような待合室があることが重要なポイントなのです。

Tags :

Copyright © 2014 Pixel Theme Studio. All rights reserved.